~**:~:**素敵な生活~**:~:**

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


ストレスがかからないということは、これほどに気持ちがよいことなのか・・・

なんのことかって?
フライパンです。

以前買ったフライパンがとっくの昔にコートがはげてしまい、オムレツもくっつく始末。
餃子に至っては・・・いわずもがな。

フライパンなんて、どこにでも売っているのだけど、
どうせ買うなら見た目も気に入ったものがいい!と思って探していたら
いつも雑貨や服などを買う楽天の「アンジェ」さんでちょうどいいのが見つかった!

話が飛ぶようだけど、引き寄せの法則の本を読んでから
本当に、自分が欲しかったものが周りにあふれて来るようになった。

仕方なく買う、とりあえず買う、安いから買う。
こういう買い物の仕方じゃなくて、
値段はさておき、本当に気に入ったものを買いたい、
そういう気持ちで探していると、ピンポイントで目の前に現れる。

このフライパンもまさにそう。
デザイン的にもとても気に入っているし
(焼く面がグレーでなくてベージュなものも気に入っている)
赤い外側もかわいいでしょう。

なにより、本当にくっつかなくて、するすると気持ちが良い。
1年保証がついてます。
この値段で保証までついてるフライパンはお得だと思います。

1年後もするするとオムレツを気持ちよく作っていたいです。

スポンサーサイト
2015.05.04 / Top↑
秋です。
銀杏のおいしい季節になりました。

近所に銀杏の無人販売がありまして、
この時期は毎年大粒の銀杏が売り出されるのを楽しみにしています。

みなさんは、銀杏をどのように調理されますか。
クックパッドなどでは紙袋に入れてレンジでチンする、
などというレシピがけっこう載っているのですが、
レンジのない我が家ではまず殻を剥く、というところが大仕事なのです。

今まではキッチン鋏の、なんだか種を割るところ(?)で
つるつる滑りながらナントカがんばって割っていたのですが、
昨年夫がこんな便利なものを見つけてくれて、
それ以来、銀杏の殻を割るのが楽しくて仕方がない、という感じです。




これ、『銀杏坊主』という商品なのですが、
殻の大きさによって幅を5段階くらいに調節できるので、
思いっきり握っても中身が割れない程度の幅に設定して、
いざ殻剥き開始!

力を入れずともパキパキ割れていきます。
もう、楽しくて仕方ない。
割れ目が入ったらあとはその割れ目から殻をはがしていけば良いので、
あっという間に大量の銀杏の実が目の前に出現します。

銀杏大好きなんだけど、殻剥くのがちょっと面倒、という方、
殻剥きさえ楽しくなるこの銀杏坊主、是非お試しあれ♪
2014.10.26 / Top↑
オーブンレンジのない我が家では
当然のことながらオーブン料理ができません。
パンもそのひとつ。
一度、炊飯器で作ってみましたが、
味はとても良かったんですよ、
ただね、形がどの種類のパンでも同じ、ドーム型・・・。

しかも、自分でこねるのは結構重労働。
発酵とか面倒だし。

今更レンジはあまり必要としないのですが
(結婚当初からないから別に不便じゃない)
パンが好きなので、焼きたてのパンは食べたい!
だから、ホームベーカリーが欲しい!!
レンジはいらないけど、ホームベーカリーは欲しい!!
今は残ったごはんでもパンができるんだもんねえ。
どんな味かわからないけど。

まあ、子どもらと一緒にこねこねするのも楽しいんだけど
いつも途中で飽きて結局私一人でこねこねだから
少しでも楽してパンが食べたいのよねえ。












2014.09.25 / Top↑
年に1度の大掃除は面倒くさい。
「大」掃除になるから面倒くさい。

だから、なるべく日頃からちょっとずつ掃除をするようにしている。

ただし、「掃除」をしようと思うととても精神的に負担になるので、「ついでに」なにかする、という程度にしている。仕事から帰って来て、ごはんを作り、子どもたちを風呂に入れ、大量の洗濯物を片付けるだけ精一杯なのに、その上掃除なんて、無理。

かといって、家の中がきたないとこころが荒む。
私は全くキレイ好きではないが、それでもキレイな方が気持ちがいいことは知っている。

だから、少しでも掃除が楽しくなるように、掃除をやりたくなる工夫のひとつとして、”見た目”を大事にして雑貨を選んでいるのである。

掃除と同じくらいやりたくないのが洗い物。
ごはんを作ったのは私なのに、なぜ片付けまで私なのか・・・と思ってしまうのだ。
食べ終わった後に、片付けまでやりたくないよーというのが本音だが、いつまでもキッチンに洗い物があるのもいやなので、仕方ない、とっととやってしまおう、と重い腰を上げる毎日。
せめて、洗い物も楽しくしよう、と最近こっているのがキッチンクロス。
キッチンクロスはやっぱりリネンがいい。
柔らかさといい、吸水性といい、デザインといい。
いろいろなデザインをそろえておくと、まあなんとなく洗い物も使用かな、という気持ちになるというもので。

気に入ったものがあると、それだけで少し気分がいいでしょう?












2014.09.08 / Top↑

魚も肉も焼けるグリルってのがいいですね。
ふたがついていて、溝に水を入れることによって
「蒸し焼き」状態に出来るから、
お魚もぱさぱさになりにくいのです。

サンマがおいしい季節、
パリッとふっくらの塩焼きはいかが?

bitaguriru-5.jpg
bitaguriru-5-2.jpg
bitaguriru-2.jpg

2013.10.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。