~**:~:**素敵な生活~**:~:**

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMG_20160815_102950.jpg  

 最近凝ってるんです、酒粕美容。  
スーパーで買ってきた200g、238円の酒粕で半月分くらいのパックとローションが出来ます。1ヶ月、500円もかからないということですよ、パックとローションで。  

酒粕パックの作り方は簡単。
私は精製水を買ってくるのが面倒なので浄水器の水を使っていますが、酒粕を練って水で伸ばしてパックにするだけ。

 ◆酒粕パックの作り方 


 目安としては、1回分、
・酒粕 20g 
・同量の水 
です。 

これを、すり鉢ですりながら水を足していくか、ジップロックなどに入れてもみもみしながら水を足していくか。 ダマにならないようにしっかり寝ることが大事です。

フードプロセッサーなどがあれば楽かもしれません。先に水を少し加えてふやかしておくと練りやすいです。  

硬さは好みで調節すれば良いし、ゆるくて使いづらければ小麦粉を少し足せば大丈夫です。 私は保湿効果を高めるためにはちみつをプラスしています。

◆酒粕パックの使い方  


作った酒粕パックを、洗顔後の顔にのせていきます。塗るようにすると伸びが悪いので、「置いていく」イメージで塗るといいですよ。  

私は顔だけでなく、首やデコルテまで塗って湯船に入って5〜10分ほどおいてから洗い流しています。

流した後は本当にしっとりするので、毎日「効いてる!」を実感できますよ。 安いし肌にも優しいので、毎日やっても大丈夫ですよ。 

 ◆酒粕パックの効果 


 酒粕パックの何がいいのか。それは、美白と保湿です。 

酒粕には、アルブチン、コウジ酸、フェルラ酸、遊離リノール酸などの美白成分がたっぷり含まれています。アルブチンやコウジ酸は厚生労働省も認める美白成分で、医療用のホワイトニングクリームなどにも使われている成分。それが酒粕に入っているんですよ!  

シミの元であるメラニンの生成を抑制し、シミ予防に役立ちます。 

また、アミノ酸が豊富で保湿効果も高いんです。私は元々色が白い方なので、保湿効果の方が実感できています。 肌の角質層には天然保湿因子というものがありますが、これの主成分がアミノ酸なんですね。

だから肌が乾燥している人は、アミノ酸を補給してあげれば、肌のバリア機能も回復して、しっとり潤う、というわけ。 これが原価数十円のパックで得られる効果。すごくないですか。 

乾燥肌の方やシミ、そばかすが気になる方はぜひ酒粕パック、やってみて!  

◆自分で作るのが面倒な人は  


安くても自分で作るのは時間がないわ・・・という方は、日本酒化粧品を試してみてはいかがでしょう。

酒粕は元々日本酒を絞る時に出るものですよね。 日本酒にも同じ美白成分や保湿成分が含まれています。

  【日本盛】米ぬか美人うるおいシリーズ+スペシャルシリーズ=1,200円(税込・送料無料) なら、1週間たっぷり試すことが出来ます。 飲んでも美肌に良いとされる日本酒ですから、塗っても当然効果が出ます。

江戸時代の芸妓さんたちは、お客様の残した日本酒を化粧水代わりに使っていたといわれていますし、今でも酒蔵のおかみさんたちは日本酒をそのまま化粧水として使っている人が多いそうですよ。

 日本酒で美白と保湿、あなたも始めてみませんか。

 
スポンサーサイト
2016.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kahohime.blog112.fc2.com/tb.php/40-227e98d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。